コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物科学課題研究7 生物科学課題研究7

生物科学課題研究7 生物科学課題研究7

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45706 GJ68
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 高原 和彦(生命科学研究科 准教授)
授業の概要・目的 生体防御における自己と非自己の認識に関与する分子、細胞群と免疫応答の制御機構について、細胞細胞やマウスを用いた生化学的、免疫学的な手法による実験を通じて、理解を目指す。
到達目標 実験手技を習得し、研究を遂行する上で必要な英語論文の読解力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力を身につける。
授業計画と内容 自然免疫応答を担うマクロファージ、樹状細胞の受容体を介した侵襲性微生物や死細胞産物の認識ならびに細胞の活性化によって誘導される応答に着目して、その機序の解析を行う。また、自然免疫応答に続いて惹起される適応免疫応答へと至る過程での細胞間相互作用を解析すると共に、質的応答の際を免疫学的に顕彰することにより、応答の制御機構を理解し、さらに免疫応答の制御を目指す。

なお、具体的な研究内容、研究方法、方針については、面談の上決定する。
履修要件 学生教育災害傷害保険に加入していること。また、英語の書籍・文献購読を行うため、英語の読解力があることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 セミナーで紹介される論文には事前に目を通して理解に努め、討議に参加できるようにすること。
教科書
  • 課題固有の主題に応じて、個別に提示する。