コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物科学特別講義5 生物科学特別講義5

生物科学特別講義5 生物科学特別講義5

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 17705 LJ69
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 栗栖 源嗣(非常勤講師)
授業の概要・目的 テーマ:植物蛋白質の構造生物学
生命活動は生体を構成する分子の機能が秩序正しく発現することによって営まれている。蛋白質や色素複合体など生体分子の機能はその立体構造に依存しており,機能を理解するためにはその構造を知ることが重要である。それどころか,構造を知ることで初めて生命現象の「しくみ」に迫ることができ,新しい発見につながることさえある。まず現代生物科学にとって欠くことができなくなった構造生物学の基礎的内容を俯瞰し,後半で実際の植物科学に関わる蛋白質の構造と機能の解析例を,光合成電子伝達を中心に解説する。
到達目標 蛋白質の構造解析手法を正しく理解し,分子構造に基づいて生命機能を理解できるようになる。特に植物の場合,生命現象の基礎となる蛋白質色素複合体,特徴的な補欠分子族などの分子素子の基礎を理解し,植物蛋白質の機能を分子科学の観点から俯瞰できる。
授業計画と内容 1:構造生物学の意義と蛋白質構造論の基礎
2:様々な構造解析手法
3:X線構造解析
4:電子顕微鏡構造解析
5:植物蛋白質の構造と機能(1)光合成色素合成
6:植物蛋白質の構造と機能(2)シトクロムb6fとQサイクル
7:植物蛋白質の構造と機能(3)光化学系Iと電子伝達
8:植物蛋白質の構造と機能(4)NDHと循環電子伝達
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義後に復習が必要。
講義後に復習が必要