コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 臨海実習第4部 臨海実習第4部

臨海実習第4部 臨海実習第4部

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33769 EJ69
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 朝倉 彰(フィールド科学教育研究センター 教授)
  • 下村 通誉(フィールド科学教育研究センター 准教授)
  • 大和 茂之(フィールド科学教育研究センター 助教)
  • 中野 智之(フィールド科学教育研究センター 助教)
  • 後藤 龍太郎(フィールド科学教育研究センター 助教)
授業の概要・目的  自由課題型研究の実習で、個人または少人数のグループによって行う研究の実習である。研究テーマを自由に決めて始めることから、得られた結果をどのようにまとめるかまでの一通りの研究の流れを学習することを目的とする。海洋生物を材料にして,系統分類・形態・発生・生態・進化学などについて方法と材料を定め、実際に研究を行う。
 場所はフィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)にて行う。

到達目標 自立して研究計画、遂行、まとめ、レポート、プレゼンが一貫してできるようになる
授業計画と内容  海洋生物を対象とした分類・形態・発生・生態・進化学に関する研究テーマ(事前に担当教官との打合わせ必須)を、個人またはグループで定め、担当教官の指導のもとで、フィールド観察やフィールドとラボでの実験を実施。

 *登録の期日及び実習の日程・定員等の詳細は事前に掲示する(南紀白浜での実施は、8月後半から9月中を予定)。
履修要件 学生教育災害傷害保険に加入すること。
授業外学習(予習・復習)等  2回生で臨海実習を履修しておくと、よりスムーズにこの実習に入れるので、それをすすめる。
 また理学部講義の「海洋生物学」、「無脊椎動物学」を履修していることが望ましい。
関連URL
  • http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/smbl/index.html
  • http://setoblo.blogspot.jp/
  • http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/