コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 植物分子生理学 植物分子生理学

植物分子生理学 植物分子生理学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33716 LJ68
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 松下 智直(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 植物生理学とは、植物が与えられた自然環境のなかでどのように適応し生きているのか、その原理や仕組みを研究する学問である。本講義では、植物生理学の中でも、主に環境応答の仕組みについて、最近解明された細胞・分子レベルの知見を紹介する。本講義の内容は前期に開講する植物生理学とは異なる。
到達目標 植物生理学分野における最新の研究動向を把握し、当該分野における基本的知識や論理的な思考パターンを習得する。
授業計画と内容 以下のようなテーマについて、1テーマ当たり1~2週の授業を行う予定である。
1) 植物の環境応答
2) 植物における遺伝子発現制御
3) 植物におけるエピジェネティックな制御
4) 遺伝子発現の解析法
5) 植物の光環境適応
6) 植物の光受容体による光シグナル伝達
7) フィトクロムによる遺伝子発現の多段階制御
8) 植物の環境応答におけるプロテオーム多様化機構
履修要件 生物学の基礎的な知識を習得していることが望ましいが、必須ではない。
授業外学習(予習・復習)等 特になし