コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物学実習A 生物学実習A

生物学実習A 生物学実習A

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33762 EJ69
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 生物科学系教員多数(理学部)
授業の概要・目的 生物科学の種々の分野について,その分野に精通した教員が実習指導や演習指導を行う。研究の一端を体験することにより,当該分野の基礎的解析法を学び,分野への理解を深める。選択した課題について4週間にわたり実習を行う。
到達目標 選択した課題に関する基礎的事項を理解し、実施した研究手法を習得する。また、課題に対して自主的に取り組む能力を養う。
授業計画と内容 以下の課題のうちより1つを選択する。実習の進行計画は課題毎に個別にもうける。

1.時間生物学の解析手法 (小山、伊藤)
 光合成生物の概日時計システムについて,その安定性,制御様式,生理学的役割などを解析・操作する手法を実験と理論両面から習得する。また、生物発光系の応用手法を学ぶ。

2.細胞応答の分子基盤解析法(森(和)、岡田、石川(時))
 分泌系タンパク質の高次構造形成の場である小胞体の機能を維持するために,真核細胞は実にダイナミックな細胞応答を示す。つまり小胞体から核へ情報を伝達して小胞体の恒常性維持に働く遺伝子を転写誘導する。この一連の応答の分子基盤を解析するための分子生物学的,細胞生物学的ならびに生化学的手法を学ぶ。

3.野外調査法(人類)(中川、中村)
 人類学における野外調査の方法に関する基本的な技術を修得する。実際に野猿公園でニホンザルを対象に,研究テーマや研究方法を自ら設定し,データを収集する。得られたデータを分析した結果に討論を加えて発表を行い,履修者全員で質疑応答を行う。最終的にはレポートにして提出する。

4.動物の系統分類(中野(隆)、岡本)
 動物の系統分類学における基礎的な考えや研究手法を習得する。野外調査で土壌動物(特に小型無脊椎動物)を採集し,得られた標本の形態観察などの結果を総合して分類学的な判断を下すことで, 動物の種分類における一連の研究課程を実践する。
履修要件 学生教育災害傷害保険に加入すること。
授業外学習(予習・復習)等 各課題において、実習の進行状況に合わせて適宜行う。
教科書
  • 3.野外調査法(人類)(中川、中村)では、『野生動物の行動観察法―実践 日本の哺乳類学』(井上英治、中川尚史、南正人著、東京大学出版会、2013年)を使用する。