コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 分析化学I 分析化学I

分析化学I 分析化学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 22610 LJ60
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 宗林 由樹(化学研究所 教授)
授業の概要・目的 分析化学は物質の構成成分を確認し(定性)、その量を決定し(定量)、存在状態を明らかにする(キャラクタリゼーション)ために、実験的および理論的問題の探求をおこなう学問である。本講義では分析化学の基礎となる化学分析(化学的手法に基づく定性と定量)について講述する。水溶液内化学平衡の定量的取り扱いに重点を置く。
到達目標 分析化学の基本的事項を理解する。分析化学反応の定量的解析を習得する。
授業計画と内容 1. 分析化学とは何か、基本的な器具と操作、分析データの取扱い
2. 分析化学における化学平衡、共通イオン効果、活量と共存イオン効果
3. 酸塩基反応、弱酸と弱塩基、緩衝液
4. 多塩基酸とその塩
5. 容量分析の原理、酸塩基滴定
6. 錯生成反応、生成定数、錯体の安定度を支配する要因
7. キレート滴定
8. 沈殿反応、溶解度積
9. 重量分析、沈殿滴定
10. 酸化還元反応、酸化還元電位
11. ネルンスト式
12. 酸化還元滴定
13. 分配反応
14. 溶媒抽出
15. フィードバック
受講者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。講義の進め方については適宜指示をして、受講者が予習できるように十分に配慮する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 分析化学実験をあわせて実習することが望ましい。
教科書
  • 新・物質科学ライブラリ7 基礎分析化学[新訂版], 宗林由樹・向井浩, (サイエンス社), ISBN:978-4-7819-1418-3
参考書等
  • ハリス分析化学 原著9版(上), Daniel C. Harris, Charles A. Lucy, (化学同人), ISBN: ISBN:978-4-7598-1835-2
  • クリスチャン分析化学 原書7版 I.基礎編, Gary D. Christian et al., (丸善), ISBN: ISBN:978-4621301098
  • 無機・分析化学演習, 竹田満洲雄ほか, (東京化学同人), ISBN: ISBN:4-8079-0474-4