コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 化学実験法II 化学実験法II

化学実験法II 化学実験法II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33605 LJ60
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木3
教員
  • 武田 和行(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 理学部の化学の標準的な講義では通常学ぶことのない知識が、実際の実験にあたっては決定的に重要になることがあります。将来皆さんが化学の研究の現場でいい仕事ができることを願いつつ本講義では、輸送現象や統計的データ処理、エレクトロニクスなど、「分野外」とされかねない項目について講義します。
到達目標 化学実験の種々の操作等について、その原理的なところにさかのぼって理解し、より創造的な実験の設計あるいは手法の改良・開発ができるようになること。
授業計画と内容 以下のような課題について、1課題あたり1~2週の授業をする予定である。
1. 物理量と単位・数値
2. 数値の取り扱い・統計
3. 流体の性質・ろ過・拡散
4. 温度・伝熱
5. 蒸留
6. クロマトグラフィー
7. 機器分析とセンサーについて
8. 分析のためのエレクトロニクス技術
9. 実験装置の制御・シミュレーター
10. パソコンを利用したデータの取り込み
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業内容を踏まえた復習を重視してください。
教科書
  • 必要に応じてプリントを配布します。