コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 化学課題研究15 化学課題研究15

化学課題研究15 化学課題研究15

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45614 GJ60
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 齊藤 尚平(理学研究科 准教授)
  • 田中 隆行(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 新しい芳香族有機分子とその集合体を設計・合成・構築することによって、優れた機能をもつπ共役化合物の創出に挑戦する。従来にはない構造のπ共役化合物における光・電子物性を明らかにしながら、新規機能分子の設計・組織化を図り、芳香族化合物の未知の世界を開拓する。
到達目標 有機化学研究における実験の進め方や考え方を身につける。
授業計画と内容 主に以下の研究に取り組む。

1)分子骨格の動きに伴って電子構造を変化させる新しい発光分子群の合成と機能材料への展開。柔軟なπ共役構造の動きを鍵として、外部環境や外部刺激に応答する光機能を備えた新物質・新材料の開拓。

2) 8員環が縮環したナノグラフェン分子や、らせん状のπ共役構造をもつ分子の合成と物性解析。

溶液中における分子物性の解析だけではなく、広く結晶、液晶、高分子、生体環境などにおける機能の創出を目指した有機化学を展開する。
履修要件 有機化学Ⅰ、Ⅱ,Ⅲと化学実験A―Dを履修していることが望ましいが、必須ではない。
授業外学習(予習・復習)等 特になし。