コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 化学課題研究7 化学課題研究7

化学課題研究7 化学課題研究7

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45606 GJ60
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 寺嶋 正秀(理学研究科 教授)
  • 熊﨑 茂一(理学研究科 准教授)
  • 中曽根 祐介(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 時間分解のレーザー分光法を用いて分子の構造,動的性質,反応性,及び分子間相互作用を研究し、その物理化学的現象への適用の基礎を学ぶことを目的とする。また、そうした化学反応が生命に関係した生体分子の機能と、どのように関係しているかを明らかにする。
到達目標 測定された信号をどのように解析するかを理解し、その解析を通して分子論的にタンパク質ダイナミクスを明らかにする手法を学ぶ。
授業計画と内容  以下のような課題について課題研究を行う予定である。
生体のタンパク質のダイナミクスを一分子分光法やナノ秒あるいはサブピコ秒のレーザーを用いた過渡吸収または過渡回折格子法を用いて調べ,タンパク質の生体機能や分子構造の変化・分子の拡散や分子間相互作用について研究を行う。
光化学反応によって生じる活性分子(励起分子やラジカル)の性質とダイナミクスをレーザー光励起過渡回折格子法,光熱分光法などのレーザー分光法を用いて研究する。
光合成膜などの微細形態変化や光合成系構成色素タンパク間相互作用を直接観察するために,顕微レーザー分光法の開発と応用を行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 測定すべき対象について、前もって文献を調べ、よく理解しておくこと。
参考書等
  • 随時紹介する。