コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 化学課題研究5 化学課題研究5

化学課題研究5 化学課題研究5

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45604 GJ60
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 渡邊 一也(理学研究科 教授)
  • 長塚 直樹(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 表面・界面や有機半導体を対象とし、分光学的研究により化学反応を含む様々な過程のメカニズムを解明することを目的とする。
到達目標 分光学や表面科学の実験手法を習得すると共にデータ解析、文献調査、情報発信力の基礎を習得する。
授業計画と内容 日々行う実験などの詳細はそれぞれの担当教員から実際的な指導を受け、得られた結果を中心に毎週個別に定められた曜日に議論を重ねることにより、上記の目的を達成する。また、研究成果や文献調査状況を自ら取りまとめ、発表する訓練も行う。
履修要件 物理化学に関する講義、特に物理化学IIIBを履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 実験の進捗に応じて、必要と思われる基礎的なことは適宜自習する。また、実験の経緯や結果を時間をおくことなく整理して、次のステップへの準備を怠らないようにする。
教科書
  • 必要に応じて、専門書や文献を指示する。
参考書等
  • 必要に応じて、専門書や文献を指示する。