コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 生物化学演習 生物化学演習

生物化学演習 生物化学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33637 SJ60
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 深井 周也(理学研究科 教授)
  • 竹田 一旗(理学研究科 准教授)
  • 杉山 弘(理学研究科 教授)
  • 板東 俊和(理学研究科 准教授)
  • 秋山 芳展(ウイルス・再生医科学研究所 教授)
  • 森 博幸(ウイルス・再生医科学研究所 准教授)
授業の概要・目的 生物化学 I,II,III の講義内容,あるいはこれらに関連が深いことに関する演習を行う.また,生物化学の実験における実験計画の立て方,実験手法,実験結果の解釈の仕方などについて概説する.DNA組み換え技術,遺伝子発現の制御,タンパク質生合成,タンパク質結晶学,およびケミカル・バイオロジーの手法などの内容を含む.
到達目標 生物化学 I,II,III の講義内容に関して,演習を通して理解を深めるとともに,関連する実験手法についての基礎的知識を習得する.
授業計画と内容 以下のような課題について,1課題あたり4~6週の授業を行う予定である.講義の進め方については,開始時に大まかな講義予定を示すとともに,適宜指示をして,受講者の予習ができるように配慮する.


1.遺伝子の機能制御を目的とするケミカルバイオロジー方法論(担当;杉山,板東)
  1) DNAの構造と機能, 2) DNAの修復,組換え,3) 遺伝子発現の機構,制御,解析手法等の
 分子生物学・生化学研究に関して演習を中心に概説する.
2.構造生物学とタンパク質結晶学(担当:竹田)
  タンパク質などの生体高分子の構造からその機能解明を行う構造生物学研究において,
 その立体構造を原子レベルで決定するための結晶構造解析の方法について概説する.
3.タンパク質の動態と機能(担当:秋山,森)
  以下に関する実験を原著論文に即して演習する.
  1) タンパク質の細胞内局在化,2) タンパク質のフォールディングと品質管理の機構,
  3) タンパク質の細胞内局在化による遺伝子発現調節
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 生物化学 I,II,III の講義における基礎的事項の理解(予習).
授業内容の復習.
教科書
  • 生物化学 I,II,III の講義で用いた教科書
参考書等
  • 生物化学 I,II,III の講義で用いた参考書