コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 無機・物性化学演習 無機・物性化学演習

無機・物性化学演習 無機・物性化学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33636 SJ60
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1
教員
  • 吉村 一良(理学研究科 教授)
  • 有賀 哲也(理学研究科 教授)
  • 奥山 弘(理学研究科 准教授)
  • 北川 宏(理学研究科 教授)
  • 前里 光彦(理学研究科 准教授)
  • 島川 祐一(化学研究所 教授)
  • 寺西 利治(化学研究所 教授)
  • 小野 輝男(化学研究所 教授)
  • 倉田 博基(化学研究所 教授)
授業の概要・目的 本演習では,無機化学I,無機化学IIA,物性化学I,無機化学IIB,物性化学IIの担当教員が,それぞれの講義内容に則した演習をリレー式に担当し,周期律表の元素やその化合物の化学,遷移金属やその錯体の化学といった無機化学の基礎を習得し,無機固体・有機固体の物性化学として大切な,相平衡,結晶構造,格子欠陥,原子の運動,熱力学などの固体物性の基礎,固体中の化学結合や電気的・熱的・磁気的性質といった固体電子論の基礎を習得する事を目的とした演習である.
到達目標 無機化学I,無機化学IIA,物性化学I,無機化学IIB,物性化学IIの講義に関わる内容について,総合的に理解すること.
授業計画と内容 基本的に以下の予定で講義を進めるが、受講者の背景や理解の状況に応じて、調整する可能性もある。その場合、適宜指示をして、受講者が予習出来るように配慮する。

1.無機化学I(北川宏・前里光彦担当,2回生後期配当):3回
化学の基本となる”周期表”を中心とした元素の性質(電子状態,原子およびイオンの大きさ,イオン化エネルギー,電子親和力,電気陰性度など),簡単な分子および固体結晶の構造と化学結合, 溶媒および酸・塩基などについて理解を深める.
2.無機化学IIA(奥山弘担当,3回生前期配当):3回
典型元素(sおよびp電子を持った元素)を中心とした無機化学(無機化学の分野に含まれる化合物やその化学反応を支配する基本原理)について理解を深めるとともに,様々な知見の相互関連を理解し,未知なるものを予見するのに有効な通則について学ぶ.
3.物性化学I(吉村一良担当,3回生前期配当):3回
固体結晶の熱力学的原子論的考察(固体結晶の熱力学と平衡状態図論,固体の結晶構造,結晶の不完全性,結晶中の原子の運動(格子振動・拡散),相転移熱力学,簡単な電子論など).
4.無機化学IIB(有賀哲也担当,3回生後期配当):3回
遷移元素を含む化合物の無機化学(遷移元素化合物の性質に関する基本的な知識・センス,典型元素化合物との相違および遷移系列内での周期性に着目しつつ,開殻d軌道やf軌道に由来した化学結合の特徴,化合物の安定性と反応性,構造,磁性,熱物性や,有機金属化合物,固体化合物などの重要なトピックスを中心に).
5.物性化学II(島川祐一・寺西利治・小野輝男・倉田博基担当,3回生後期配当):3回
固体結晶が示す様々な性質を,簡単な電子論的立場から理解を深める(固体中の化学結合,固体の電気的性質・熱的性質・磁気的性質など).
履修要件 無機化学I,IIA,IIB,物性化学I,IIを習得していることが望ましいが,必須ではない.
授業外学習(予習・復習)等 各教員が配付する演習問題について、予習・復習をすること.
教科書
  • 各教員が,演習問題を配付する.
参考書等
  • 特にないが,それぞれの科目に準拠する.