コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 化学教室 有機化学IB 有機化学IB

有機化学IB 有機化学IB

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 22601 LJ60
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 依光 英樹(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 理科系学生(特に理学部2回生)を対象とし,専門科目としての有機化学を教える「有機化学IA」に続く講義である.有機化合物ができたり,他の化合物に変化する過程,すなわち有機化学反応について,反応を単に羅列するのではなく,考え方を中心に講義する.教科書には P. Y. Bruice「ORGANIC CHEMISTRY」(Global Edition, 8th edition)を用い,第8章から第10章まで講義する.
到達目標 有機化学の基礎を習得する.
授業計画と内容 以下の課題について,1課題あたり1~2週の授業をする予定である.
 1. 非局在化された電子:共鳴混成体と共鳴安定化
 2. アリルカチオン,ベンジルカチオンや対応するラジカルの安定性
 3. ジエンの命名法と幾何異性および反応性、共役ジエンへの求電子付加反応
 4. 芳香族性
 5. ハロゲン化アルキルの求核置換反応
 6. ハロゲン化アルキルの脱離反応
 7. アルコールの反応
 8. エーテル,エポキシドの反応
 9. アミン
10. 有機硫黄化合物
履修要件 有機化学1Aを習得していることを強く望む.
授業外学習(予習・復習)等 授業中に教科書に記載されている内容を全てを取りあげる余裕はないので,各自で予習・復習を通じて,教科書を通読すること.適宜宿題も課す.
教科書
  • ORGANIC CHEMISTRY, Eighth Edition, Global Edition, P.Y. Bruice, (PEARSON EDUCATION), ISBN:978-1292160344