コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 変成岩岩石学 変成岩岩石学

変成岩岩石学 変成岩岩石学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44514 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 平島 崇男(理学研究科 教授)
  • 河上 哲生(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 (授業の概要・目的)
 地球規模の造山運動プロセスを理解するために、地質科学概論、地球惑星物質科学基礎論、岩石学、鉱物学などで学習した理論岩石学的知識とそれを活用した研究能力の高度化を目指す。
 そのために、岩石熱力学、部分溶融プロセス、基幹分析機器(X線マイクロアナライザー,EPMA:顕微レーザーラマン分光計など)などの基本原理、さらに、世界各地の主要な造山帯の特徴などについて講義するとともに、岩石学関連ソフトウエアーの演習を行う。



到達目標 ・岩石が形成された温度圧力条件を推定する手法の基本原理を理解する。
・地球惑星物質の研究で使用する主要分析機器の基本原理を理解する。
・日本や世界各地の造山帯の形成過程の基礎を理解する。
授業計画と内容  以下の項目について、受講生の理解度と進捗状況を勘案しつつ、各項目につき2~4回程度実施する。
(1)岩石熱力学(地質温度計・圧力計)の学習と同演習 (平島)
(2)部分溶融プロセスの理解             (河上)
(3)Petrogenetic gridの作成             (平島)
(4)岩石学関連ソフトウエアー演習          (平島・河上)
(5)基幹分析機器の基本原理と分析実習        (河上)
(6)世界各地の造山帯各論              (平島・河上)     
履修要件  3回生配当の、地球惑星物質科学基礎論、岩石学、課題演習E1/E2、岩石学実験を履修していることを原則とするが、未履修者に対しては適宜対応する。
授業外学習(予習・復習)等  授業で配布したパワーポイント資料については、自宅等で復習するとともに、1つのファイルにまとめて毎週持参すること。
教科書
  • 特に指定しない。
参考書等
  • Metamorphic Phase Equilibria and Pressure-Temperature-Time Paths, Spear, (MSA), ISBN: ISBN:0-939950-34-0
  • An Introduction to the Rock-Forming Minerals 3rd Edition, Deer, Howie & Zussman, (Longman), ISBN: ISBN:978-0903056-33-5
  • 変成岩と変成帯, 都城, (岩波),