コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 地球惑星科学課題研究T12 地球惑星科学課題研究T12

地球惑星科学課題研究T12 地球惑星科学課題研究T12

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45501 GJ58
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 平島 崇男(理学研究科 教授)
  • 河上 哲生(理学研究科 准教授)
  • 苗村 康輔(理学研究科 特定助教)
授業の概要・目的  地球を構成する岩石を対象に実施する地質学的・物質科学的・地球化学的見地等からの研究を通じて、個々の岩石の形成過程を明らかにする。それらのデータに基づき、固体地球内部の物理化学プロセス、地殻・マントルの発達史(=造山運動)等を解読・解明することを目的とする。
 
到達目標  個々の研究テーマに対する必要性に応じて、以下に記す岩石学の基本的な研究手法のいくつかの基礎を体得・修得する。
・野外地質調査法
・岩石薄片の作成と偏光顕微鏡による岩石組織観察法
・X線マイクロアナライザーや蛍光X線装置を用いた分析手法
・Raman分光法やマイクロサーモメトリー法

 上記の研究手法を用いて得られたデータに関して、相平衡論を中心とした理論的な解析手法を習得する。

 研究成果は、教室内の公聴会で口頭発表するとともに、卒業論文として提出する。
授業計画と内容  研究対象は日本を含む世界各地の変成岩・上部マントル物質・火山岩・深成岩など多岐にわたるが、学生諸君の興味に応じて相談して決める。
 日本国内を研究対象とする場合は、野外調査を実施することを推奨する。世界各地の岩石資料を研究する場合は、研究室保有試料の記載と分析が主な研究手法である。
 最近の課題研究では、日本の三波川帯、領家帯、黒瀬川構造帯、神居古潭帯、八重山変成岩類、海外では南極、チェコ、イタリア、中国・チベット、タイ、キルギス、スカンジナビア半島などの試料を研究している。 また,最近の研究テーマは以下のとおりである。 
・大陸衝突帯-沈み込み帯の深部岩石学の温度(T)-圧力(P)‐変形(D)‐時間(t)-流体活動履歴の解析
・副成分鉱物の消長と微量元素の地球化学的挙動の研究
・地下深部流体活動の研究
・地下深部断層岩の研究
・ミグマタイト(部分溶融岩)の形成過程
・変成岩を用いた日本列島発達史
履修要件 課題演習E1・E2、地球惑星物質科学基礎論、岩石学、岩石学実験、鉱物学、鉱物科学実験などを履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等  研究対象を決定した際には、当該研究に関する文献reviewを求める。野外調査においては3回生までに学んだ地球惑星科学に関する多様な知識が活かされる。
教科書
  • 資料は適宜指示する。