コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 鉱物科学実験 鉱物科学実験

鉱物科学実験 鉱物科学実験

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33549 PJ58
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 1 単位
授業形態 実験
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 三宅 亮(理学研究科 准教授)
  • 伊神 洋平(理学研究科 助教)
  • 下林 典正(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 鉱物のキャラクタリゼーション(特性評価)のために必要な実習・演習を行う。鉱物試料から化学組成や結晶構造、対称性などの情報を引き出すために必要な結晶学と、情報を引き出すための手法の原理と基本的実験操作法の習得を目指す。
到達目標 鉱物のキャラクタリゼーションのための分析法を理解し、鉱物試料から化学組成や結晶構造、対称性などの情報を引き出す能力を養う。
授業計画と内容 この実験科目は後期の8週分の火曜日3、4時限に理6-503地鉱実習室にて実施する。詳しい日程等に関しては、地鉱の掲示板(理1号館)にて掲示を行う。

以下のような課題について実習・演習を行う。各課題には、受講者の理解の程度を確認しながら、【 】で指示した週数を充てる。はじめに結晶学の演習を行い、そのあと実際の測定例を用いて演習を行う。最後に,各自が取得したデータの解析を行う。

1.結晶学演習【4週】(三宅・下林)
2.結晶化学演習・実験【2週】(三宅・下林)
3.データ解析【2週】(三宅・下林)
履修要件 「鉱物学」「地質調査・分析法」「地球惑星科学課題演習E2」を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示する。