コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 地史学実験 地史学実験

地史学実験 地史学実験

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33548 PJ58
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 1 単位
授業形態 実験
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 生形 貴男(理学研究科 教授)
  • 松岡 廣繁(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 概要:地球表層の環境の変遷および生物の進化を記録している堆積岩と、 それに含まれる化石を肉眼・顕微鏡観察し、記載、分析する。

目的:堆積学、構造地質学、古生物学の研究に不可欠な、堆積岩と化石に関する基礎知識を得ると同時に、その観察・分析法を習得する。
到達目標 基本的な堆積岩と化石の分類基準を習得し、簡単な記載・分類・分析ができるようになる。
地層学、堆積学、構造地質学、地史学、古生物学などを学ぶ上での基礎に位置づけられるようになる。
授業計画と内容 この実験科目は後期後半8週の月曜日3、4時限に理6-503地鉱実習室にて実施する
第1回目:砕屑性堆積物と砕屑岩(担当:生形)
第2回目:火山噴出物と火砕岩(生形)
第3回目:生物岩・化学的堆積岩(生形)
第4回目:生体鉱物の顕鏡1:微化石(生形)
第5回目:生体鉱物の顕鏡2:大型化石、特に脊椎動物の硬組織(松岡)
第6回目:堆積岩・化石の薄片作成実習1(松岡)
第7回目:堆積岩・化石の薄片作成実習2(松岡)
第8回目:自身で作成した複数の薄片の観察に基づいて、対象の三次元構造あるいは形成プロセスなどについて、レポートを作成する。(松岡)
履修要件 地質学に関する基礎科目を履修しておくこと。
実験中の事故に備え、各自の責任で各種学生傷害保険に加入し、事故にあった時の保障体制を担保しておくこと。
授業外学習(予習・復習)等 テーマごとに出される課題をレポート等にまとめる際に,配布資料などに基づき各自復習をすること。
教科書
  • 適宜プリントを配付する。
参考書等
  • 日本の堆積岩, 水谷神二郎・斎藤靖二・勘米良亀齢, (岩波書店), ISBN: ISBN:4600057650
  • 古生物の科学1 古生物の総説・分類, 速水格・森啓編, (朝倉書店), ISBN: ISBN:9784486019442