コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 地球惑星物質科学基礎論 地球惑星物質科学基礎論

地球惑星物質科学基礎論 地球惑星物質科学基礎論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33545 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 下林 典正(理学研究科 教授)
  • 三宅 亮(理学研究科 准教授)
  • 河上 哲生(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 地球・惑星を構成する物質の基本的物性について理解し、その形成プロセスの基礎を学ぶ。宇宙空間に存在する固体物質において、その物性が現れる最小基本単位である鉱物の物理・化学的なふるまい、とくに主要な造岩鉱物の性質や物性、相平衡、相変化について学習する。鉱物の集合体は岩石である。地球型惑星の固体圏は多様な岩石で構成されており、その多様性は45億年に及ぶ地球の営みの中で生じた様々な変動の帰結である。本授業では、地殻とマントルを構成する主要な岩石の性質や産状を概観し、それらの形成プロセスの基礎を学ぶ。さらに、岩石の組織観察や化学組成情報を用いて、固体圏の変動現象を解明する手法を理解する。
到達目標 地球をはじめとする固体惑星を構成する固体物質に関する基礎知識を得るとともに、それらが形成されるプロセスの基礎ついて理解する。
授業計画と内容 1.地球惑星をつくる物質(自然界の階層性と太陽系元素存在度)(1~2回)(下林)
2.結晶としての鉱物(結晶学の基礎、固体物性の基礎)(2回)(下林)
3.地球惑星物質の安定性(熱力学の基礎:一成分系、多成分系、相図)(2回)(下林・三宅)
4.地球惑星物質の生成・分化プロセス(相変化と地球惑星物質の生成プロセス)(1回)(三宅)
5.地球惑星物質の組織と性質(鉱物集合体としての性質)(1~2回)(下林・三宅)
6.地球上のマグマ形成場、火成岩の分類(1回)(河上)
7.造岩鉱物各論、火成岩の組織、CIPWノルム(1回)(河上)
8.相平衡図の読み方(1.5回)(河上)
9.玄武岩質マグマ成因論(1.5回)(河上)
10.安山岩質~珪長質マグマ成因論(2回)(河上)
履修要件 「地球惑星史基礎論」「地球科学表層プロセス基礎論」「地球科学内部プロセス基礎論」を合わせて履修することを強く勧める。
授業外学習(予習・復習)等 プリントが事前配布されている場合には予習すること。それを踏まえた上で、授業後には講義ノートや配布資料を元にして、その要点を復習すること。
教科書
  • 必要に応じてプリントを配布する。