コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地質学鉱物学教室 構造地質学 構造地質学

構造地質学 構造地質学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33517 LJ58
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 佐藤 活志(理学研究科 准教授)
  • 山路 敦(国際高等教育院 教授)
授業の概要・目的 地球やその他の天体の固体部分でおこる変形運動は,さまざまな地質構造を形成し,その天体の進化を考える上で重要な鍵となる。さらに地球の場合,地質構造を把握することは,地震発生機構の理解・資源探査・地下の利用という面でも重要である。地質構造をいかに把握し,そこからどんな情報を引き出すか,その基本を講述する。
到達目標 地球をはじめとする固体惑星・衛星のテクトニクスを理解するための基礎的知識を得る。また,種々の地質構造やその成因に関する知識から,地質調査の結果をよりよく理解することができるようになり,よりよい地質図を描けるようになる。
授業計画と内容 授業の概要:断層や褶曲など基本的地質構造の見方,地層から沈降・隆起を読み取る方法の基礎として,応力や歪みを解説する。
授業の計画:
1.地質構造の定義と時空間スケール(1回,佐藤)
2.歪と変形の定量的扱いと地質学的計測(4回,山路)
3.応力の定量的扱いと地質学的計測(3回,佐藤)
4.歪と応力の関係(変形実験,レオロジー,変形機構,リソスフェアの強度)(2回,佐藤)
5.断層・節理・岩脈と応力解析(3回,佐藤)
6.構造発達史(1回,佐藤)
7.フィードバック(1回,山路・佐藤)
履修要件 地質調査・分析法I,課題演習E1,地球惑星史基礎論,地球惑星物質科学基礎論,地質科学表層プロセス基礎論,地質科学内部プロセス基礎論を履修済みであると想定する。また,地層学実験を同時に履修することが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 地質学の野外実習で現実の地質構造を見ておくことが重要。
教科書
  • 高校地学の教科書や学習参考書を見ておくことは,本科目を含め,地球科学を専攻するためには必要なこと。
参考書等
  • 理論テクトニクス入門:構造地質学からのアプローチ, 山路 敦, (朝倉出版), ISBN: ISBN:4254162413
  • 構造地質学, 狩野謙一・村田明広, (朝倉書店), ISBN: ISBN:4254162375
  • 構造地質学, 金川久一, (共立出版), ISBN: ISBN:9784320047181
  • 構造地質学, 天野一男・狩野謙一, (共立出版), ISBN: ISBN:4320046862
  • よくわかる連続体力学ノート, 京谷孝史, (森北出版), ISBN: ISBN:4627948115
  • Planetary Surface Processes, H. Jay Melosh, (Cambridge University Press), ISBN: ISBN:9780521514187