コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 地球惑星科学特別講義(地球)5 地球惑星科学特別講義(地球)5

地球惑星科学特別講義(地球)5 地球惑星科学特別講義(地球)5

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 17405 LJ58
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 1 単位
配当学年 1-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 大槻 圭史(非常勤講師)
授業の概要・目的 惑星系は小天体が衝突合体ならびに動径方向の移動を経て形成された。現在太陽系内に存在する小惑星等の小天体は、惑星の移動など惑星形成における諸過程の痕跡を反映していると考えられ、太陽系進化を探る手がかりを与えてくれる。一方、太陽系の惑星の衛星・リング系の姿は様々であり、これらの形成過程の理解も惑星及び太陽系の進化過程の理解に繋がる。本講義では惑星形成過程の基礎について簡単に解説したのち、太陽系小天体及び衛星・リング系の起源に関して基礎物理過程や主として理論研究の現状について紹介する。また関連する観測・探査研究についても適宜紹介する。
到達目標 ・惑星形成ならびに太陽系小天体、衛星・リング系の起源に関する基礎物理過程を理解する。
・太陽系小天体と衛星・リング系の起源と、惑星系形成過程との関連を理解し、これらに関する研究の現状についての知見を得る。
授業計画と内容 主な内容は以下を予定している。

1. 惑星形成と太陽系小天体
2. 小惑星の衝突破壊進化
3. トロヤ群小惑星の起源
4. 月及び火星衛星の起源
5. 巨大惑星の衛星・リング系の起源

内容の詳細については受講者の背景や理解の状況に応じて適宜決める。
履修要件 物理学の基礎的な知識を修得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 特になし
教科書
  • 特になし。資料を配布する。
参考書等
  • 特になし