コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 地震学 地震学

地震学 地震学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44403 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 久家 慶子(理学研究科 教授)
  • Mori,James Jiro(防災研究所 教授)
授業の概要・目的 地震学の基礎知識をもとに、地震学において最近議論されているテーマ、一般的な話題や手法等について広く理解することを目的とする。
到達目標 地震学の基礎知識、および地震学が関わる基本的事項を理解する。地震や地球内部構造について研究を行うための問題意識を養う。
授業計画と内容 以下のようなテーマについて、各1~2回授業を行う。

・世界のどこで、どれだけ地震が起こっているか? (久家)
・地震の断層はどんな形か?どうやってわかるか?(Mori)
・なぜ断層でのずれは地震のときに起こるか? 断層は熱い? それとも冷たい?(Mori)
・静かな地震とは?地震ではない地震とは?(Mori)
・何が地震の起こる時を決めているか? (Mori)
・地震は予知できるか? (Mori)
・地震のとき激しく揺れるところはどこか? (Mori)
・地動ノイズから地球の応答がわかる!?(久家)
・どこにいつ大津波がくるか? (久家)
・地殻:海と陸は地球の中では同じか? (久家)
・マントル:プレートはなぜ動くか? (久家)
・核:地球の中心には何があるか?どんな状態か? (久家)
・新しい技術を地震学で使おう!(久家)

受講者の背景などに応じて、講義担当者が適切に調整する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて授業で適宜指示する。
教科書
  • 授業時に講義プリントを配布する。
参考書等
  • Peter Shearer “Introduction to Seismology Second edition” Cambridge University Press Peter Shearer “Introduction to Seismology Third edition” Cambridge University Press 宇津徳治「地震学 第3版」共立出版 長谷川昭・佐藤春夫・西村太志「地震学」共立出版 その他、テーマにより授業で適宜紹介する。