コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 測地学 測地学

測地学 測地学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44401 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 宮崎 真一(理学研究科 准教授)
  • 深畑 幸俊(防災研究所 准教授)
  • 西村 卓也(防災研究所 准教授)
授業の概要・目的 GNSSを利用した地殻変動の観測方法と観測結果の意味するところについての解説を行う。 また、地震や地表面荷重による粘弾性変形について基礎的な解説を行い、沈み込み帯の地震サイクルへの適用例を紹介する。
到達目標 測地学に関連した弾性・粘弾性変形の概念について理解し、観測される地殻変動の理解と問題解決に応用できる。
授業計画と内容  以下の各項目について講述する。
 各項目は、()に記した教員が担当し、受講者の理解の程度を確認しながら、【 】で指示した週数を充てる。各項目の講義の順序は固定したものではなく、受講者の理解の状況等に応じて、講義担当者が適切に決める。講義の進め方については適宜、指示をして、受講者が予習をできるように十分に配慮する。
1. GNSS測量の原理 【1週】 (宮崎)
2. GNSSと測地測量による日本列島の地殻変動 【2週】 (西村)
3. 測地学的地殻変動速度と地質学的地殻変動速度 【1週】 (西村)
4. 測地インバージョン手法 【3~4週】 (宮崎)
5. レオロジーの基礎 【1~2週】 (深畑)
6. 粘性流動の微視的メカニズム 【1~2週】 (深畑)
7. 線形粘弾性体の基礎方程式系と対応原理 【1~2週】 (深畑)
8. 多層構造弾性媒質の一般解 【1~2週】 (深畑)
9. 地表面加重に対する粘弾性応答 【1~2週】 (深畑)
10. 沈み込み帯の地震時変動から地形発達まで 【1~2週】 (深畑)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 ・『Web版CD-ROMテキスト「測地学」』の基礎編に目を通しておくこと。
・講義で配布した資料をもとに、講義の進捗にあわせ内容が理解できるように予習・復習をすること。
参考書等
  • Web版CD-ROMテキスト「測地学」, 日本測地学会, (http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/webtext/),
  • 地球連続体力学(岩波講座地球惑星科学第6巻5章「変形と破壊」), 松浦充宏, (岩波書店 ),
  • Earthquake and Volcano Deformation, Segall, P.,, (Prinston University Press), ISBN: ISBN:9780691133027