コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 地球惑星科学課題演習DB 地球惑星科学課題演習DB

地球惑星科学課題演習DB 地球惑星科学課題演習DB

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33466 SJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 4 単位
授業形態 課題演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 秋友 和典(理学研究科 教授)
  • 吉川 裕(理学研究科 准教授)
  • 根田 昌典(理学研究科 助教)
  • 石岡 圭一(理学研究科 准教授)
  • 重 尚一(理学研究科 准教授)
  • 原田 裕己(理学研究科 助教)
  • 坂崎 貴俊(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 地球流体圏は海洋、大気、電磁流体という様々な流体からなる。それぞれの状態・運動形態には相違点とともに、いくつかの共通する性質が見られる。この課題では、それぞれの流体に関係した課題を順次学ぶことで、地球上の流体現象を理解するために必要な手法(観測、数値モデル、データ解析)を習得する。また、それぞれの流体に生起する現象(流動・波動など)の共通点や相違点について考える。
到達目標 地球物理学における基礎的な研究手法を習得するとともに、それらに基づいて現象を把握し理解する。また、レポート課題に対して自主的、継続的に取り組む能力を養う。
授業計画と内容 この課題では、以下の課題1~3について1課題あたり4~5週の演習を行う。受講者はこれらすべての課題を順次受講する。加えて、初学者向けの計算機演習4を数回行う予定である。具体的なテーマと内容はガイダンスの際に説明する。

1.海洋現象の数値モデル
2.気象・気候データの解析
3.測器制作と地球電磁気観測
4.計算機演習
履修要件 系登録者であること。
授業外学習(予習・復習)等 課題ごとに演習時に指示する
教科書
  • 必要に応じて用意した資料を配布する。
関連URL
  • http://www.kugi.kyoto-u.ac.jp/education/undergraduate/seminar/index.html