コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 地球惑星科学課題演習DA 地球惑星科学課題演習DA

地球惑星科学課題演習DA 地球惑星科学課題演習DA

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33465 SJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 4 単位
授業形態 課題演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3・4
教員
  • 久家 慶子(理学研究科 教授)
  • 大倉 敬宏(理学研究科 教授)
  • 宮崎 真一(理学研究科 准教授)
  • 清水 以知子(理学研究科 准教授)
  • 風間 卓仁(理学研究科 助教)
授業の概要・目的  固体地球の形状,内部構造とその動きを知るためのさまざまな観測手法やデータ解析手法について,実習により,その基礎的事項を学問分野横断的に学ぶことを目的とする。
到達目標  各演習をとおして、観測機器の使用方法やデータ解析手法等の基礎を理解するとともに、具体的にそれらを使用した初歩的な作業を実施できるようになる。
授業計画と内容  第1週目に全体のイントロダクションを行い、その後、適当な人数に班分けし、各班毎に下記の4課題を順不同で3週毎、順次すべて学び,各課題毎にレポートの作成を行う。また、第8週目に前半実施課題のまとめ、第15週目に後半実施課題のまとめを行ない、課題での習得内容の確認を行う。
1.測地学: GNSS観測、GNSSによる地殻変動の解析、衛星重力データの解析【3週】
2.活構造学: 活断層の地形判読・鉱物結晶の偏光顕微鏡観察・岩石破壊強度の測定【3週】
3.地震学: 地震の震源決定のプログラム作成・実践【3週】
4.地球熱学: 熱伝導の観測(装置作成及びデータ解析)【3週】
履修要件  系登録済み者であること。
授業外学習(予習・復習)等  演習の際に配布する資料をもとに、次回演習がスムーズに実施できるように予習・復習をすること。
教科書
  • 特に指定しない。  必要な資料等は授業中に配布、または指示する。