コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 地球流体力学 地球流体力学

地球流体力学 地球流体力学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33402 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 吉川 裕(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 大気や海洋の運動は、地球の重力や自転の影響を受けた流体の力学として記述される。大気物理学や海洋物理学の基礎となるこの力学は地球流体力学と呼ばれ、大気や海洋の変動の仕組みを理解し、その将来を予測する上で必要不可欠なものである。本講義では大気・海洋運動の例を示しながら、地球流体力学の基礎を講述する。
到達目標 地球流体力学の基礎(自転の効果、球面の効果、密度成層の効果)について学び、観測される大気・海洋運動の仕組みを考察できるようになる。
授業計画と内容 以下の内容について講義する。ただし講義の進捗状況によっては順序や週数を変えることがある。その場合は授業中に適宜指示をする。

(1)地球流体の特徴の概観と基礎方程式【2~3週】
(2)回転流体の力学【4~5週】
(3)成層流体の力学【3~4週】
(4)粘性の効果、不安定現象【3~4週】
履修要件 地球連続体力学を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 事前に配布する講義資料に目を通しておくことが望ましい。