コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 地球物理学教室 物理気候学 物理気候学

物理気候学 物理気候学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33412 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 重 尚一(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 水蒸気・雲・降水、大気放射、地表面摩擦など、大気の非断熱過程を中心に解説し、地球の気候形成の素過程を物理的に理解することを目指す。
到達目標 気候の記述的知識ではなく、大気圏物理学の知識を得ることによって気候形成・変動のメカニズムを物理的に理解するための基礎をつくる。
授業計画と内容 以下の各項目について講述する。講義の進め方は、受講者の理解度に応じて講義担当者が適切に決めることとする。

(1)イントロダクション【1週】
(2)大気熱力学【4~5週】
(3)大気放射【5~6週】
(4)大気境界層【2~3週】
履修要件 必須ではないが、「地球連続体力学」を事前に履修しておくことが望ましい。前期開講の「地球流体力学」を並行して受講することを強く勧める。
授業外学習(予習・復習)等 予習はとくに必要としないが、毎回復習することが望ましい。
教科書
  • 以下のURLにある京都大学OCWに掲載してある講義ノートを基に、板書とスライドで説明する。 < http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/06-faculty-of-science-jp/3412000 >
関連URL
  • http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/06-faculty-of-science-jp/3412000