コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 宇宙物理学教室 太陽物理学 太陽物理学

太陽物理学 太陽物理学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33307 LJ56
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 浅井 歩(理学研究科 准教授)
  • 一本 潔(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 代表的な恒星である太陽の層構造(光球,彩層,コロナ)を概説する。また,天体磁場活動の実験場ともいわれるその表面でのダイナミックな活動現象についても概説する。各層の物理状態がどのような観測から見出されたかという点および現在でも謎として残っている問題などについても解説する。
到達目標 身近な恒星である太陽の基本的性質とそこで生起する活動現象の実態を学び、人間が観測と物理の基本法則からどのようにしてこれを解明してきたのか、その方法論を理解する。
授業計画と内容 次の内容についてそれぞれ2~3回ずつ講義をする。

1. 星としての太陽(浅井)
2. 太陽スペクトルの形成とその観測方法(一本)
3. 太陽プラズマの基本性質;磁場とガスの相互作用(一本)
4. 太陽大気の構造;光球,彩層,コロナ,加熱問題(一本)
5. 活動現象;黒点,プロミネンス,フレア(浅井) 
6. 太陽活動周期(浅井)
7. 宇宙天気と宇宙気候(浅井)
履修要件 天文学概論と観測天文学,基礎宇宙物理学Iを履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 特になし。