コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 固体物理学基礎1 固体物理学基礎1

固体物理学基礎1 固体物理学基礎1

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33215 LJ57
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 寺嶋 孝仁(理学研究科 教授)
  • 北村 光(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 物性物理学は、マクロな物質を原子レベルのミクロな粒子の集合体と考えて、その物理的諸性質を解明する学問分野であり、その中核が固体物理学である。本講義は、物性物理学に関する諸講義(固体物理学基礎1,2、物性物理学a,b,c)の初めに位置するものであり、結晶における原子配列、格子振動、熱的性質等について講述する。
到達目標 前半では、結晶構造の対称性と構造解析法を習得する。後半では、結晶格子ダイナミクスと非線形・非平衡特性の初歩的理解を身につける。
授業計画と内容 1.結晶格子(2次元、3次元ブラベ格子)[第1週]
2.対称性と結晶点群          [第2週]
3.典型的な物質の結晶構造       [第3週]
4.回折の一般論と周期構造に対する散乱 [第4週]
5.逆格子ベクトルとブリルアン・ゾーン [第5,6週]
6.構造因子と静的構造解析       [第7週]
7.一次元鎖の連成振動と分散関係    [第8週]
8.原子間ポテンシャルと運動方程式   [第9週]
9.動的構造解析(フォノン分光)    [第10週]
10.振動状態密度            [第11週]
11.調和振動子系の熱エネルギーと格子比熱[第12、13週]
12.熱膨張と熱伝導           [第14週]
13.最近の話題             [第15週]
履修要件 修得しておくことが望ましい基礎知識は、解析力学、電磁気学、統計力学、量子力学などの初歩。
授業外学習(予習・復習)等 授業は必ずしも教科書通りにやるわけではないが、予習として、教科書の内容に目を通しておくことが望ましい。復習は、授業中に配布する資料を含め、講義内容を次週までに頭の中で整理しておくこと。
教科書
  • 「固体物理学」2~5章, H.イバッハ、H.リュート著, (丸善),
参考書等
  • 「固体物理学入門」1~2章,4~5章, C.キッテル著, (丸善),