コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 物理科学課題演習A6(前) 物理科学課題演習A6(前)

物理科学課題演習A6(前) 物理科学課題演習A6(前)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33270 SJ57
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 5 単位
授業形態 課題演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3・4・5
教員
  • 吉田 賢市(理学研究科 助教)
  • 後神 利志(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 自然界の4つの相互作用について学ぶ。また、放射線計測の基礎を学び、宇宙線、加速器を用いた放射線計測の実習を行う。加速器を使用する実験では、特に、熱・冷中性子ビームを用いて強い相互作用を伴う代表的な反応を調べる。結果を理論的に解析し、自然界を支配するそれぞれの相互作用の強さと特徴を体得する。
到達目標 4つの基本相互作用について、基本となる理論の枠組みを理解するとともに、放射線計測の実験手法とプログラミング(C/C++等)を用いたデータ解析の基礎を習得し、実験によって得られた結果について考察する能力を養う。
授業計画と内容 理論ゼミ:下記の内容について輪講形式でゼミを行う。(担当:吉田)
1) “Basic Ideas and Concepts in Nuclear Physics”, K. Heyde,第5章、ベータ崩壊 (約7回)
2) 「原子核と放射」八木浩輔、第二章 2核子系の量子力学(約7回)

実験:(担当:後神)
 ゼミと実習:
  1)シンチレーション検出器(約6回)
  2)データ解析の基礎(約4回)
    * 宇宙線の測定
    * データの統計的取り扱い
    * C/C++ 等を使ったデータ処理

 加速器を使用した実験 (約4回):
  3)タンデム棟における熱・冷中性子線を使った実験等
   (例) * 中性子スピン干渉実験
     * 中性子捕獲反応からのガンマ線の測定
      (重陽子の結合エネルギーの測定)
      等々、興味を持った実験を行う。
履修要件 電磁気学や量子力学を履修していることが望ましい。

加速器を用いる実験では、準備に一日、本実験に一日程度の実習が見込まれるので、対応できる者が望ましい。

日程については相談し決定する。
授業外学習(予習・復習)等 セミナー形式での発表については予め準備してくること。