コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 宇宙物理入門 宇宙物理入門

宇宙物理入門 宇宙物理入門

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44226 LJ57
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 谷森 達(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 現在、宇宙は素粒子から一般相対論に至るあらゆる階層で物理の研究対象となっている。この授業ではまず宇宙物理の基礎となる天文学的基礎を紹介する。さらに宇宙物理で興味深い中性子星、ブラックホール、粒子加速などの高エネルギー宇宙現象への紹介も行う。また現在の最先端の観測手法を交えながら講義を行い、観測・実験がどのように最新の宇宙像を明らかにしていくかを示していく。
到達目標 宇宙を舞台に様々な物理がどのように展開されているかを理解する.また,基本的な物理でどのように宇宙を理解することが出来るかを学ぶ.
授業計画と内容 1回.1.天文学的基礎 1-1単位、基礎的な数値(宇宙的距離、時間、質量など)
2、3回 1-2 観測波長および観測手法 (電波からガンマ線、ニュートリノまで)
4回 2.宇宙の構成要素
5回  2-1 ビッグバンおよび宇宙論的スケール
6回  2ー2 銀河団、銀河
7回  2ー3 恒星
8回  2ー4 星間ガス・分子雲
9回 2ー5 コンパクト星(中性子星、ブラックホール等)
10、11回 3.輻射の基礎 3ー1 輻射輸送と吸収の基礎
13回 3-2 天体における輻射の熱力学的考察
14回 3-3  輻射と実際の観測
15回 4、宇宙磁場と宇宙粒子加速 (時間に余裕がある時に簡単に紹介)
履修要件 教養課程の基礎物理一般をよく履修しておくこと。宇宙の専門知識は全く不要であるが、量子力学、統計熱理学の基礎知識を履修が望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 講義を元に,登場する基礎物理学を復習する.