コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 物理科学課題研究P5 物理科学課題研究P5

物理科学課題研究P5 物理科学課題研究P5

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45204 GJ57
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 瀬戸 直樹(理学研究科 助教)
  • 田中 貴浩(理学研究科 教授)
  • 細川 隆史(理学研究科 准教授)
  • 久徳 浩太郎(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 天体物理学や宇宙論などの基礎的内容を理解することを目的とする。
到達目標 宇宙物理学の研究手法の基本的なポイントを理解する。
授業計画と内容 前期はゼミ形式で行う。ランダウ=リフシッツ『場の古典論』などを通じて、宇宙物理学の理解に必要な基礎知識の習得を行う。また、前期はP6と合わせて、基礎的な実験を体験してもらう。後期はP5で2~3グループに分かれ各テーマに取り組む。

1-15週 一般相対論の教科書の輪講、
    宇宙物理に関連する基礎実験

16-30週 数値実験を含めた研究を行う。適当な参考文献と、適当なレベルでおもしろい数値計算の問題があるかを検討してテーマを決める。過去に行った例としては以下のようなものがある。

・ビッグバン元素合成
・宇宙の大規模構造の進化
・Black Hole時空の摂動解析
・Hawking Radiation
・インフレーション宇宙のシミュレーション
・カイパーベルト天体の海王星3:2共鳴への捕獲
・惑星の自転・軌道共鳴
・数値一般相対性理論
履修要件 解析力学、電磁気学、統計熱力学、量子力学、特殊相対性理論等の物理学全般の基礎を習得していることを前提とする。
授業外学習(予習・復習)等 理論ゼミの予習、数値計算コードの開発。