コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 物性物理学3b:半導体・光物性 物性物理学3b:半導体・光物性

物性物理学3b:半導体・光物性 物性物理学3b:半導体・光物性

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44224 LJ57
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 中 暢子(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 "前半では、半導体の電子物性と光物性について講義する。バルク結晶、
低次元量子構造、pn接合、ヘテロ接合などの基礎物性について解説する。
後半では、誘電物質における線形、非線形光学過程について講義する。
最終回では、これらの現象に関連した最近の話題等にも触れる。"
到達目標 半導体、誘電体の光学物性に関する基本的事項を理解する。
授業計画と内容 第1-7回 半導体の物理
1) はじめに:半導体とは
2) 半導体の結晶構造
3) バンド構造とキャリア
4) 半導体の光学応答
5) 半導体の接合
6) 低次元系

第8-13回 誘電体の物理
7) 異方性媒質中の電磁波
8) 旋光性
9) 電気、磁気光学効果
10) 非線形媒質中の電磁波
11) 2次の非線形光学効果
12) 3次の非線形光学効果

第14回 最近のトピックス

第15回 フィードバック

なお、各部分の順番などは都合により前後することもある。
履修要件 固体物理学基礎1、固体物理学基礎2、物性物理学1a、物性物理学3aを習得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 各回の講義内容を各自で必要に応じて復習し、理解を深めるように努力すること。