コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 電磁気学演習2 電磁気学演習2

電磁気学演習2 電磁気学演習2

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33241 SJ57
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木4
教員
  • 瀬戸 直樹(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 「電磁気学B」の講義内容に合わせた演習問題を課し、その解答、議論を通じて物理的な内容の理解度を深め、同教科内容の習熟を目指す。
到達目標 「電磁気学B」の講義内容に合わせて、その内容を理解する。
課題に対して自主的、継続的に取り組む力を養う。
また演習形式であるため、第三者への解説を行う能力の習得も目指す。
授業計画と内容 以下のような課題に関する演習問題の解答、発表を行う。
1) ベクトル解析,マクスウェル方程式【2--3回】
2) 電磁波,電磁場のエネルギー運動量テンソル 【4--6回】
3) 物質と電磁場の相互作用 【2--4回】
4) 特殊相対性理論,相対論的力学 【2--4回】
(講義の進度と順序により前後することがあり得る)
実際の授業では、クラスをいくつか編成し、単なる答え合わせの場にならないよう、出来る限り活発な討論を行う事を目指す。
履修要件 電磁気学の講義を履修することが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 授業時間までに全ての演習問題(レポート)を解いていることを前提とする。