コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 物理学教室 現代物理学 現代物理学

現代物理学 現代物理学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 33250 LJ57
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 物理科学系教員多数(理学部)
  • 中 暢子(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 京都大学で行なわれている最前線の物理学・宇宙物理学の研究について、専門の教員が交替で3回生向けにわかりやすく紹介する。実験や理論のさまざまな研究現場の熱気の一端に触れると同時に、物理学の展望を得て将来の研究分野選択の参考になればという 趣旨のリレー講義である。
到達目標 ・各専門分野における最先端の研究内容を知る。
・各教員(研究者)自身によるウィットに富んだ口頭発表を聴講することにより、専門書などからでは得られない各分野の情報を得る。
授業計画と内容 物理学第一教室関連4回、物理学第二教室関連4回、宇宙物理学教室関連2回の
合計10回のリレー講義で、現代物理学のフロンティアを学ぶ。
講義の日程・担当教員・テーマは,後期の学期の初めに掲示される。

例年、以下のような枠組みででリレー講義が行なわれる。
(より詳細な情報は、関連URLを参照のこと。)
◎物理学第一教室関連
・超伝導・超流動
・相転移現象
・凝縮系における量子現象
・非線形・非平衡現象
◎物理学第二教室関連
・素粒子物理学の最前線
・クォーク・ハドロン・原子核物理学の最前線
・粒子・光子・核ビームで目指す最先端の物理学
・宇宙物理学の新展開
◎宇宙物理学教室関連
・ブラックホールから宇宙の始まりへ
・太陽から惑星系と生命へ
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 特にない。集中して聴講してほしい。
関連URL
  • http://www.scphys.kyoto-u.ac.jp/education/R01poster.pdf