コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 数学教室 数理科学課題研究 数理科学課題研究

数理科学課題研究 数理科学課題研究

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45120 GJ55
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 並河 良典(数理解析研究所 教授)
  • 稲場 道明(理学研究科 准教授)
  • 池田 保(理学研究科 教授)
  • 平賀 郁(理学研究科 講師)
  • 荒川 知幸(数理解析研究所 教授)
  • 加藤 毅(理学研究科 教授)
  • 入谷 寛(理学研究科 教授)
  • 伊藤 哲也(理学研究科 准教授)
  • 大槻 知忠(数理解析研究所 教授)
  • 泉 正己(理学研究科 教授)
  • 堤 誉志雄(理学研究科 教授)
  • 磯 祐介(情報学研究科 教授)
  • 矢野 孝次(理学研究科 准教授)
  • 白石 大典(情報学研究科 准教授)
  • Svadlenka Karel(理学研究科 准教授)
  • 照井 一成(数理解析研究所 准教授)
  • 牧野 和久(数理解析研究所 教授)
  • 小林 佑輔(理学研究科 准教授)
  • 井上 義也(理学研究科 助教)
  • 山口 孝男(理学研究科 教授)
  • 梅田 亨(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 代数学,幾何学,解析学,応用数学の分野に関連するテキストの講読を行う.
到達目標 I群課題研究では数学の専門知識およびその学習方法を学び,II群課題研究ではさらに高度な理解を目指す.III群課題研究では,I群・II群に比べより基礎的な内容の専門書の講読を通して専門知識を習得する.
授業計画と内容 数理科学課題研究はテキストの講読を基本とするが,進め方の違いによって,I群,II群,III群に分けられる.
I群課題研究では,提示された標準的テキストの講読を中心に行う.II群課題研究では特に有効性が認められる場合,学生の希望をもとにテキストを選択し講読を行う.III群課題研究では,I群・II群に比べより基礎的な内容のテキストによる講読を行う.
履修要件 数学の基礎的科目を履修していることを前提とする.
授業外学習(予習・復習)等 数理科学課題研究はセミナー形式で行われるため,受講者が発表のための予習および他の学生の発表を理解するための予習・復習を行うことは必須である.また,同じセミナーの学生同士による,セミナー準備のための自主ゼミを強く推奨する.
教科書
  • 数理科学課題研究説明会で提示する.