コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 数学教室 数学・数理科学の最前線II 数学・数理科学の最前線II

数学・数理科学の最前線II 数学・数理科学の最前線II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44136 LJ55
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木5
教員
  • 山口 孝男(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 リレー形式で、担当教員が専門分野の最先端の話題について講義する。
数学・数理科学の最前線で行われている研究を俯瞰する。
到達目標 数学・数理科学の最前線で行われている研究の概要を知ることで
現代の数学・数理科学の研究を俯瞰できるようになる。
授業計画と内容 リレー形式で、下記の担当教員が専門分野の最先端の話題について講義する.
1回1名の担当教員が講義を行う.
担当者:森脇淳、雪江明彦、吉川謙一、稲場道明、伊藤哲史、上正明、入谷寛、
伊藤哲也、宍倉光広、日野正訓、國府寛司、坂上貴之、高棹圭介、宮路智行
履修要件 履修は数理科学課題研究の受講者に限る。
授業外学習(予習・復習)等 数学・数理科学の最前線IIはリレー形式で専門分野の最前線についての授業が行われるため,授業後に授業内容の概要を理解するため、授業内容を復習し、関連する事柄を調べたりすることを強く推奨する.