コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 数学教室 幾何学特論II 幾何学特論II

幾何学特論II 幾何学特論II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44127 LJ55
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 藤原 耕二(理学研究科 教授)
授業の概要・目的 テーマは双曲幾何と幾何学的群論である。双曲幾何、双曲群、ツリーの幾何、漸近次元、群の増大度などは幾何学的群論の基本的な概念で、それらについて学ぶ。
到達目標 幾何学的群論の基本的な概念のいくつかを身に着ける。
授業計画と内容 各項目についてそれぞれ1~3回程度講義する。 合計15回(フィードバックを含む)行う。

1.双曲幾何
2.ツリーの幾何
3.双曲群
4.漸近次元
5. 群の増大度
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義中に触れられたトピックの中で、興味を持った事柄については各自で適当な文献を読むなどしてより深く学習してくことが望ましい。
参考書等
  • 参考文献などについては適宜講義中に紹介する。