コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 数学教室 代数学特論I 代数学特論I

代数学特論I 代数学特論I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 44121 LJ55
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 尾高 悠志(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 標準ケーラー計量の崩壊極限とその代数幾何的側面に関わる話題を扱う。モジュライ空間のコンパクト化への応用を論じる。
到達目標 標準ケーラー計量の崩壊極限やその代数的側面といった当該分野における基礎的な部分を理解する。
授業計画と内容 標準ケーラー計量やその崩壊極限(2~5回)
関連する代数幾何・解析幾何的側面(3~6回)
モジュライ空間の非代数幾何的コンパクト化について(2~3回)

ただし、日々発展しているテーマであるために現時点で内容を完全固定することはせず、受講者の状況にも対応しながらも、講義時点での状況を反映してよりよい授業を行う予定である。各サブテーマでの授業回数などもそれに応じてフレキシブルに反映させたい。
(後期講義予定週は合計で15週(フィードバックも含む))
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 自主的な理解を努めてください。