コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 演習(3回生) 演習(3回生)

演習(3回生)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30030 SJ43
  • U-ECON00 40040 SJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水5
教員
  • 渡邊 純子(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 この演習では、戦前から戦後にかけての近現代日本経済史・経営史を学習します。長期的視点(歴史的視点)からの分析によって、現代の経済について考察します。
到達目標 日本経済史・経営史の分野の文献を読みこなし、発表や議論を十分に行える能力を獲得することを目標とします。また、論文・レポートの執筆、調査・研究の方法の習得も目指します。
授業計画と内容 ●ゼミ生の問題関心に応じて購読文献を選択し、輪読します。各章・論文について、担当者に発表してもらい、ディスカッションを行います。
 
●各自に研究テーマを設定してもらい、調査・研究とレポートの作成を行います。
 これまでゼミ生が選んだテーマには、イノベーションと産業競争力、コーポレートガバナンス、CSR(企業の社会的責任)、教育の経済学、戦前・戦後の銀行史、百貨店・流通、半導体産業の盛衰など多岐にわたります。
 現状や将来の問題を見据えた課題設定を行いますが、経済史のゼミなので、歴史的な経路に関心を持ち、そこから考えることを重視します。

●ゼミ生の希望に応じて、工場見学などの行事も実施します。
成績評価の方法・観点 出席、発表、議論への貢献、論文等の課題を総合的に評価します。
履修要件 特になし。少人数で文献をじっくり読み、議論することを目指しているゼミなので、そういうことが好きな人が望ましいです。
授業外学習(予習・復習)等 授業の中で適宜指示します。
参考書等
  • 参加者と相談して決めます。