コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 演習(3回生) 演習(3回生)

演習(3回生)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30030 SJ43
  • U-ECON00 40040 SJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4・5
教員
  • 原 良憲(経営管理大学院 教授)
授業の概要・目的 テーマ: イノベーションマネジメント方法論 
 イノベーションとは、社会・経済価値を創造する『技術発明』と『市場洞察』との結びつきである。少子高齢化、資源の有限性、技術革新によるボーダレス化などが影響を及ぼす社会において、イノベーションが、調和のとれた持続的な成長の糧として、ますます重要となっている。
 本演習では、このようなイノベーションの本質を理解し、今後の成長戦略に寄与する創造人材(クリエイティブクラス)の育成をはかることを目的とする。本演習では、具体的な事例分析やプロジェクト活動を中心に、関連する経営戦略、組織論、マーケティング、会計などの基本的フレームワークの理解を深めるというアプローチをとる。また、種々の交流を促進することにより、イノベーションの経験則、無形資産やサービスの価値評価法、イノベーションのマインドセットなどの理解を深め、将来の社会人として役立つ演習活動を進める。
到達目標 対話を根幹とした自学自習の本学理念を、演習において実践する。
課題(レポート)に対して自主的、継続的に取り組む能力を養う。
講義内での発表を実践の場として、プレゼンテーション能力を養う。
テーマや目的に沿った企画立案力、ディスカッションなどを通してコミュニケーション能力を高める。
授業計画と内容  北米・シリコンバレーでの実務経験事例や、具体的な組織・企業(先端IT企業、高度サービス業、老舗企業など)の分析事例をもとに、イノベーションマネジメントに関する方法論を履修する。情報処理ツールを活用しつつ、年度末には、演習活動を冊子体の全体報告書としてまとめる。
(1)基本的理念・フレームワークの理解 課題図書やケース教材の活用により、基本的理念やフレームワークの理解を図る。また、プレゼン資料の作成、発表の仕方、メンバーとの情報共有ツール利用(メール、Wiki、ツイッター等)リテラシーの向上をはかる。
(2)ワーキンググループ、プロジェクトチーム等でのグループワーク グループ学習により、種々の企業・組織事例を分析し、モデル化するプロセスを体験すると共に、課題認識能力、デザイン能力、プレゼンテーション能力などを身につける。具体的には、先端IT・サービス企業分析、地域スポーツ・イベント振興、京都産学連携プロジェクト等の活動に参画することにより、イノベーションマネジメント方法論の実践的理解を深める。
(3)企業訪問・討議活動 (アレンジが行えた場合、随時) イノベーションマネジメント方法論の課外学習として、企業訪問・討議を行う。過年度は、北米・シリコンバレー(Google, Facebook,etc.), SONY, TSUTAYA、日産自動車、オリエンタルランド、全日空、武田薬品、電通、博報堂などの訪問・討議を実施。
成績評価の方法・観点 授業参加度(事前学習、当日参加度等)80%、レポート課題(プロジェクト活動成果等)20%
履修要件 原則、2回生演習(原)の履修
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示
教科書
  • Technology Ventures: From Idea to Enterprise, Thomas Byers, et al.,, (McGraw-Hill),
参考書等
  • 参考(過去に用いた教材):『ブレイクスルー - イノベーションの原理と戦略』、『ライフサイクルイノベーション』、『戦略サファリ』、『MBA事業開発マネジメント』、『サービス・マーケティング』
関連URL
  • http://www.hara.gsm.kyoto-u.ac.jp
  • http://hara-kyoto.sakura.ne.jp/wiki/