コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 2回生演習 2回生演習

2回生演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20020 SJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 砂川 伸幸(経営管理大学院 教授)
授業の概要・目的 2回生から4回生までの演習では,財務分析とファイナンス理論(コーポレートファイナンス,証券投資論)について学びます。コーポレートファイナンスは,投資家の視点から企業分析を行い,企業価値や株式価値の評価を行うための考え方を体系化したものです。証券投資論は,資本市場におけるリスクとリターンの関係や証券の価格形成メカニズムを扱う領域です。両者は密接な関係にあります。私のゼミでは,コーポレートファイナンスと証券投資論の知識を修得し,主に個別企業の分析を行うことになります。
到達目標 2回生の演習では,財務分析を主にした経営分析を行い,経営と財務指標の関係,財務指標と企業価値や株式価値との関連性を理解できるようになることが到達目標です。受講者は,後期開講予定の「アセットマネジメントの実務と法」経営管理大学院で提供される「コーポレートファイナンス」「バリュエーション」などに出席して,勉強してください。
授業計画と内容 ・財務諸表分析の参考書(桜井等)を自習する。
・実際の企業の財務諸表を取得しエクセルを用いた分析を行う。
・株式評価に関する指標と理論的な考え方を修得する。
・ファイナンスの基礎理論(ポートフォリオ分析とCAPM)を学ぶ。
・バリュエーションの原則であるDCF法(Discounted Cash Flow法)について学ぶ。
・財務モデルの演習を行う。
                              
成績評価の方法・観点 ゼミへの参加と課題レポート等により評価します。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 対抗ゼミや企業訪問をする予定です。
教科書
  • コーポレートファイナンス入門(第2版), 砂川伸幸, (日経文庫),
  • はじめての企業価値評価, 砂川伸幸・笠原真人,
参考書等
  • コーポレートファイナンス(入門編)(応用編), バーク・ディマーゾ, (ピアソン),