コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 特殊講義 特殊講義-エネルギー政策と再エネ事業

特殊講義-エネルギー政策と再エネ事業

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30513 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 安田 陽(非常勤講師)
授業の概要・目的 再生可能エネルギーに関する市場設計や政策に関してはさまざまな理論や提言が出されているが、現実には制度の未整備や合意形成の難しさなどによって理論通りに進まない場合もある。また、新規技術の市場参入にはよく見られるケースであるが、制度が技術進展に追いつかなかったり、政策や規制の変化スピードが高くなることが多い。このような将来性はあるが不確実性が若干高い技術に対して、どのように最新情報をキャッチアップし、リスクヘッジを行いながら事業を進めるかという実学的な問題は大変重要である。本講義では、内外の第一線で活躍する再生可能エネルギー関連事業のプレーヤーをゲスト講師としてお招きし、決して机上の理論だけでは得られない「生きた情報」を受講者に提供する。
到達目標 エネルギー経済・政策、エネルギービジネスに関する最新情報が理解できるようになる。
授業計画と内容 各回の内容は以下の通り。ゲスト講師・講演内容については、講義開始時に公表予定。

1. 【講義】ガイダンス及び総論
2. 【講義】エネルギー政策と事業リスク
3~14. 【ゲスト講演1~12】発電事業者、送電事業者、メーカー、商社、規制者など
15. 【講義】まとめと総括
成績評価の方法・観点 毎回講義時の平常点により評価する。平常点は講義時に配布する小レポート等で評価する。
履修要件 前期の「エネルギー経済・政策論」を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 エネルギー問題について、新聞・テレビ・インターネットなどの報道に触れる際に、単に消費者としての立場だけでなく、もし自分が投資家や事業家だとしたらエネルギー問題や環境問題についてどのように参加し、貢献できるか?を考えながら、ニュースに接することが望ましい。
教科書
  • 特になし。講義中にスライド等で提示する。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    エネルギー戦略研究所株式会社