コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 特殊講義 特殊講義ーツーリズム産業論

特殊講義ーツーリズム産業論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30714 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 前川 佳一(経営管理大学院 特定教授)
授業の概要・目的  訪日外国人旅行者数の伸びは予想をはるかに上回り、たとえば東京五輪の2020年の目標であった2000万人は、2015年度にほぼ達成され(1974万人)、2016年度には2400万人を、2017年には2800万人を、2018年には3100万人を超えた。2020年目標は4000万人にまで上方修正されるなど、今や次代の日本を担う産業としての注目を集めている。
 一方で、世界的にみるとまだまだ日本の集客の潜在力を活かせていないことや、インフラやマインドの点で受入れ環境が心もとないこと、オーバーツーリズム対応など、課題も山積している。また、日本国民の海外旅行、国内旅行もまだまだ成長の余地がある。
 本寄附講義では観光について造詣の深い有識者やツーリズム産業界のトップマネジメントをゲストスピーカーとして招聘し、理論面とともに実務面からもツーリズム産業の実態を概観することで、観光による地域活性化やツーウェイツーリズムの必要性など今後のツーリズム産業のあり方を考察することができる人材育成をねらいとする。
到達目標 到達目標
・観光産業の基本を学ぶ
・観光の経済学や経営学を思考できる
・観光による地域活性化や産業活性化を思考できる
・進路としての観光業界への関心を啓く
授業計画と内容 以下、すべて予定で、変更の可能性あり
各回の予定
1  ガイダンス
2  ゲスト:日本政府観光局(JNTO) 幹部
3  ゲスト:京都市長
4  ゲスト:京都の旅館経営者
5  ゲスト:テーマパーク(関東) 幹部
6  ゲスト:テーマパーク(関西) 幹部
7  ゲスト:国内シティホテル 幹部
8  ゲスト:航空会社(フルサービスキャリア) 幹部
9  ゲスト:鉄道会社 幹部
10 ゲスト:航空会社(ローコストキャリア) 幹部
11 ゲスト:地域連携DMO 幹部
12 ゲスト:地方自治体 観光国際戦略担当顧問
13 ゲスト:旅行関連研究所 幹部
14 ゲスト:MICE推進団体 幹部
15 期末テスト
成績評価の方法・観点 ・出席回数が全授業の2/3以上であることが単位付与の条件
・期末テスト
・毎回の講義でのレポート(オプション)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 ・第1回のガイダンスは極めて重要なので必ず出席し、以降の回の考え方の基本を築くこと
・各回の予習は、インターネットによる調査や、自分自身の利用体験の整理などでよい
・各回の復習は、レポートをしっかり書いて提出すること(オプション)
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    オムニバス形式で多様な企業等から講師・ゲストスピーカー等を招いた授業科目