コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 特殊講義 特殊講義-企業金融のフロンティア

特殊講義-企業金融のフロンティア

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30602 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金3・4 隔週開講
教員
  • 幸田 博人(非常勤講師)
授業の概要・目的 〔みずほ証券寄附講座提供科目〕
企業金融(コーポレートファイナンス)とそれに関連する分野について、学術研究と実務への応用を学ぶ。
金融・資本市場において、企業と投資家の仲介及び自己投資を行うことで資金調達機能の円滑化を担う、投資銀行の立場から
理論と実務の融合を図る。
講師それぞれの専門分野につき、現在のマーケットの状況や実例の紹介等を交えて論じていく。
到達目標 ・企業金融に関する基礎的な知識を修得する。
・実務に根ざした企業金融理論について理解を深める。
授業計画と内容 【講義スケジュール(予定)】 ・・・隔週、1回あたり2コマ(3時間)を予定

第1回(4/10) ガイダンス
マクロから見た資本市場と企業金融
               
第2回(4/24) コーポレートファイナンスの理論と実践 

第3回(5/8)  資本市場とアナリスト、財務報告制度について

第4回(5/22)  機関投資家、アセットマネジメント業務

第5回(6/5)  M&A概論
                                                  
第6回(6/19)  資本市場を通じた資金調達
 ~実務的バックグラウンドとケーススタディ~
 
第7回(7/3)  Fintechと金融機関
まとめ

講評 (出席、授業への参加、期末レポートの採点結果を踏まえ、講評をKULASISに掲示)
※上記は2019年度の講義内容。内容、順番等に若干の相違が生じる可能性がある。
成績評価の方法・観点 平常点(30%)・期末レポート(70%)
履修要件 学部生:経営学、会計学、経済学の基礎知識があることが望ましい。
院生:他研究科生の聴講は可とする。但し、経営学、会計学、経済学の基礎知識があることを前提に講義を行うので留意のこと。
授業外学習(予習・復習)等 予習:
・経営学、会計学、経済学等の基礎知識について習熟度を確認しておくこと。
・参考文献等を適宜参照し、分からない専門用語がある場合は、用語集等で予め確認しておくことが望ましい。

復習:
・講義で配布されたレジュメを読み直し、内容の理解度を確認しておくこと。
・講師より参考文献等が提示された場合は適宜参照し、発展的な学習につなげて欲しい。
教科書
  • 特定のテキストは使用しない。毎回レジュメを配布する予定。
参考書等
  • ブリーリー、マイヤーズ、アレン『コーポレートファイナンス(上)(下)』(日経BP) 井出正介、高橋文郎『経営財務入門』(日本経済新聞出版社社) 伊藤邦雄『新・企業価値評価』(日本経済新聞出版社) 砂川・川北・杉浦『日本企業のコーポレートファイナンス』(日本経済新聞出版社) 砂川・川北・杉浦・佐藤『経営戦略とコーポレートファイナンス』(日本経済新聞出版社) 池尾・幸田「日本経済再生 25年の計」(日本経済新聞出版社) 日本証券アナリスト協会(編)『証券分析・投資運用用語辞典』(ときわ総合サービス) 日本証券経済研究所『図説 日本の証券市場』 この他、講義中にも適宜紹介する。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    オムニバス形式で多様な企業等から講師・ゲストスピーカー等を招いた授業科目