コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門科目Ⅱ 動学的マクロ経済分析

動学的マクロ経済分析

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30101 LJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 安井 大真(経済学研究科 准教授)
授業の概要・目的 マクロ経済学1・2を履修済みの学生を対象に、動学的なマクロ経済分析手法の講義を行い、大学院レベルのマクロ経済学への橋渡しをします。
到達目標 マクロ経済学における動学的分析手法の基本を習得することを目標とします。
授業計画と内容 第1~2週 動学的分析のための準備1:ソロー・モデル
第3週 動学的分析のための準備2:2期間モデル
第4~7週 世代重複モデル
第8~10週 ラムゼイ・モデル
第11~12週 経済成長のモデル
第13~14週 景気循環のモデル
第15週 フィードバック
成績評価の方法・観点 中間試験(30%)と期末試験(70%)で評価する予定です。
詳しくは初回の授業で説明します。
履修要件 ミクロ経済学1・2およびマクロ経済学1・2を履修済みであるか同等の知識を有していること。
微分積分に関する基本的な知識を有していること。
授業外学習(予習・復習)等 授業ではマクロ経済モデルの解説が大半となりますが、復習として自分で実際にモデルを解いてください。モデルを操作できるようになるには、解説を聞くだけでは不十分で、実際に自分の手で問題を解くことが必須です。