コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門科目Ⅱ 環境経済論

環境経済論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30506 LJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 諸富 徹(地球環境学舎 教授)
  • 栗山 浩一(農学研究科 教授)
  • 森 晶寿(地球環境学舎 准教授)
授業の概要・目的 環境経済学の基礎的理論と政策のあり方について、現実の環境問題や環境政策の動向にも留意しつつ講ずる。環境問題に対する経済学的アプローチの基本的な考え方を理解するとともに、環境経済学の発展史を踏まえつつ、環境問題が経済学に提起している課題に関して基礎的な知見を得ることを目的としている。
到達目標 環境経済学の理論とその理論の環境政策への応用について基礎知識を習得することを目標とする。具体的には、経済発展によって環境問題が引き起こされた背景、また環境問題が経済に与える影響についての理論的背景を学ぶこと、環境問題に対する経済学的なアプローチについて整理・理解することを目指す。
授業計画と内容 (1)4月13日 経済と環境,環境経済学の課題 (諸富)
(2)4月20日 市場の失敗(環境外部性) (森)
(3)4月27日 所有権・政策・制度と環境 (森)
(4)5月11日 貧困・経済成長と環境 (森)
(5)5月18日 グローバル化と環境 (森)
(6)5月25日 環境容量と持続可能性 (森)
(7)6月1日 環境政策の目標と手段 (諸富)
(8)6月8日 環境政策の経済分析 (諸富)
(9)6月15日 再生可能エネルギーと電力システム改革 (諸富)
(10)6月22日 環境価値の経済理論 (栗山)
(11)6月29日 再生可能エネルギーと地域再生(諸富)
(12)7月6日 顕示選好法 (栗山)
(13)7月13日 表明選好法 (栗山)
(14)7月20日 環境評価と環境政策 (栗山)
(15)8月5日 フィードバック(諸富)
成績評価の方法・観点 学期末試験による
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 教科書を事前に読んで講義に臨むことが望ましい。
教科書
  • 環境経済学をつかむ(第2版), 栗山浩一・馬奈木俊介, (有斐閣), ISBN:464117718X
  • 環境経済学講義-持続可能な発展をめざして, 諸富徹・浅野耕太・森晶寿, (有斐閣), ISBN:4641183651
参考書等
  • 環境経済学, 植田和弘, (岩波書店), ISBN: ISBN:4000045768
  • 入門 再生可能エネルギーと電力システム, 諸富徹【編著】, (日本評論社), ISBN: ISBN:978-4535559196
  • 入門 地域付加価値創造分析, 諸富徹【編著】, (日本評論社), ISBN: ISBN:978-4535559202