コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 会計学2

会計学2

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20802 LJ44
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 藤井 秀樹(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業は,会計学1で学んだことを中級レベルの学習に橋渡しをするための発展的知識を習得することを目的としています。割引現在価値計算を応用した新しい会計基準の計算ルール等を学びます。
到達目標 この科目を履修し,学習目的を達成することによって,現代人として備えておくべき基本的な会計リテラシーを習得することができます。とくにファイナンス・会計コースの修了を目指す場合には,必須の学習内容となります。
授業計画と内容 教科書の内容(第8~12章)にほぼ沿って,以下のスケジュールで講義を進めます。各テーマについて,2~3回の講義を行う予定です。

初 回 オリエンテーション
第1講 発生主義会計    
第2講 配分と評価
第3講 資産負債アプローチと収益費用アプローチ
第4講 資産・負債の認識と測定
第5講 純資産の会計

 
成績評価の方法・観点 定期試験90%以上,提出物10%以下で,評価します。定期試験では,授業の範囲から,①用語問題(30点),②論述問題(30点),③計算問題(40点)を出題する予定です。授業中に適宜,過去問の解説を行いますので,定期試験の準備を行う際の参考にしてください。
履修要件 特にありませんが,簿記検定試験や公認会計士試験等に興味のある受講生には,会計学入門,会計学1,実践簿記Ⅰ~Ⅳを併せて履修することを推奨します。
授業外学習(予習・復習)等 「授業計画と内容」に記載しましたように,授業は教科書の内容(第8~12章)に沿って進めていきますので,授業前に必ず各回の授業に関連する章を読んで,予習を行ってください。計算については,教科書の設例等によって各自で解答練習するなどの方法で,復習を行ってください。予習・復習の時間は,1回の授業につき合計で5時間が,大学設置基準上の目安です。
教科書
  • 入門財務会計(第3版), 藤井秀樹, (中央経済社), ISBN:978-4-502-30891-8
参考書等
  • 財務会計講義, 桜井久勝, (中央経済社), ISBN: ISBN:978-4-502-45140-9
  • 新・現代会計入門, 伊藤邦雄, (日本経済新聞出版社), ISBN: ISBN:978-4-532-13448-8
  • 企業会計とディスクロージャー, 斎藤静樹, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:978-4-13-042134-8
関連URL
  • https://www.asb.or.jp/asb/top.do
  • http://www.ifrs.org/Pages/default.aspx
  • http://www.fasb.org/home
  • http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~hujii/myweb/