コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 マーケティング2

マーケティング2

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20706 LJ44
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 岡本 哲弥(非常勤講師)
授業の概要・目的  マーケティングは1900年初頭にアメリカの企業で誕生し、日本にも高度経済成長期に導入されたが、今日では企業のみならず行政機関、医療機関、教育機関など非営利組織を含めて幅広い組織においてもマーケティングの必要性が高まっている。
 本授業は、前期開講科目「マーケティング1」の続編の位置付けにある。組織と消費者との関係に学問・研究の焦点があるマーケティング論における製品戦略、価格戦略、流通チャネル戦略、プロモーション戦略などの各論や重要な概念について理解を深める。
到達目標 (1)マーケティングの基本的な概念や理論を理解している。
(2)マーケティングに関する指標(メトリクス)を理解し、計算できる。
(3)現実のビジネスやマーケティング現象に対して、マーケティングの概念や理論を用いて議論することができる。
授業計画と内容 第1講 マーケティング・プロセス
第2講 製品戦略
第3講 価格戦略
第4講 流通チャネル戦略
第5講 ロジスティクス
第6講 プロモーション(コミュニケーション)戦略
第7講 広告論・人的コミュニケーション
第8講 競争戦略
第9講 多角化
第10講 ブランド論
第11講 ブランド遷移
第12講 顧客満足
第13講 リレーションシップ・マーケティング(CRM)
第14講 アソシエーション分析
第15講 総括
おおよそ上記の内容で授業を進める予定であるが、進捗状況などを鑑み変更する場合がある。
成績評価の方法・観点 定期試験(筆記)100 %
到達目標(1)(2)(3)に対応して、それぞれの達成度を問う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 自身が興味の持てるマーケティング論の書籍を通読してください。
ビジネスの現場でのマーケティング現象を授業で学んだ概念や理論を用いて解釈するように心がけてください。
参考書等
  • コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 基本編 第3版, フィリップ・コトラー、ケビン・レーン・ケラー, (丸善出版),