コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 マーケティング1

マーケティング1

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20705 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 崔 容熏(非常勤講師)
授業の概要・目的  マーケティングは様々な経営機能のうちの1つですが、その特徴は市場(顧客)との対話(コミュニケーション)を起点として経営目標を達成する方法を考えるところにあります。マーケティング1では、マーケティングの社会的意義や課題、基本的フレームワークと企業のマーケティング戦略を学び、その知識にもとづきマーケティング計画を立てたり、事例研究に活用したりできるようになることを目的とします。これは指定テキストの第1部から第3部までの内容に相当します。後期は各マーケティング要素の戦略について取り上げます。前期と後期で分かれていますが、連続して受講することを推奨します。
到達目標 本授業科目の履修により、マーケティングの基本的概念のうち、マーケティングの定義、マーケティング環境分析、マーケティング戦略の基本コンセプト、すなわちSTP(セグメンテーションーターゲッティングーポジショニング)等について理解する。
これらの基本的概念とフレームワークを学ぶことで、現実の企業・組織のマーケティングについて分析・考察することができるようになる。
なお、マーケティング戦略の各要素戦略などについては後期科目「マーケティング2」の範囲であり、連続して受講することが望ましい。
授業計画と内容 1 イントロダクション
2 マーケティング・コンセプト
3 戦略計画とマーケティング
4 マーケティング環境の理解
5 マーケティング・リサーチ
6 顧顧客満足、顧客価値、および顧客維持の確立
7 顧客リレーションシップ・マネジメントの実務
8 これまでの振り返りとレポート課題の解題
9 消費者市場と消費者行動の分析
10 ビジネス市場と組織購買の分析
11 市場細分化と標的市場の選定
12 強いブランドの確立
13 ブランドとポジショニング
14 レポート課題の講評 
15 全体のまとめ
成績評価の方法・観点  授業期間中に課す提出課題(レポート、小テスト等30%)、定期試験(70%)を総合して評価を行います。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業内でミニレポートの提出、小テスト、グループ討論を行うので、事前に該当する教科書の範囲を読んで理解しておくこと。
授業を受けて実際の企業・組織についての資料を集めてマーケティング戦略の十歳について分析・考察をすすめること。
教科書
  • コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント(基本編)第3版, コトラー、ケラー, (ピアソン・エデュケーション), ISBN:978-4894716599