コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 経営戦略

経営戦略

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20702 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 中川 功一(非常勤講師)
授業の概要・目的 経営戦略とは、「事業を円滑に遂行する以上のこと」である。変化の激しい現代の組織経営において、所与の事業を円滑に遂行するだけでは、競争優位が導かれないどころか、事業の継続さえも困難であることすらある。経営戦略は、所与の事業状況に変革をもたらし、組織の新しい未来を拓くための思考道具である。
経営戦略は、経営学の諸体系の最後の1ピースである。すなわち、経営戦略とは、経営学諸領域の各要素:組織、生産、財務、人事、マーケティング等々をひととおり修めたうえで(あるいは、将来的に修めることを念頭に置いて)、それらの概念を自らの中で統合し、実際に事業経営の現場において総合的な事業プランを立案する際の思考道具なのである。マネジメントを志す者は、是非にも履修してもらいたい。
到達目標 特定の企業活動領域に限定されることなく、企業全体・競争動向全体をとらえた包括的な視野から、企業が採るべき方向性を描き出す技能を習得してもらう。具体的には以下である。
・企業が置かれた事業環境を客観的に評価・分析できるようになる。
・企業分析をもとに採るべきユニークな戦略を描けるようになる
授業計画と内容 1)経営戦略論の基本
2)競争状況の分析(1)ポーターの一般市場戦略分析
3)競争状況の分析(2)2軸図による事業機会の発見
4)産業構造の分析(1)ポーターの5要因分析-1 顧客の取り合い構造
5)産業構造の分析(2)ポーターの5要因分析ー2 価値の取り合い構造
6)リソース・ベースド・ビュー(1) VRIO分析
7)リソース・ベースド・ビュー(2) 7S分析・バリューチェーン分析
8)未来を構想する(1)未来の顧客を知る
9)未来を構想する(2)社会の変化を知る PEST分析
10)未来を構想する(3)小さな変化を拾う Find-the-Crazy
11)ゲーム理論ベースの戦略論(1) 相手の立場から考える
12)ゲーム理論ベースの戦略論(2) win-winの構築
13)垂直的な事業範囲の選択(1)自社の範囲選択
14)垂直的な事業範囲の選択(2)パートナーシップ戦略
15)国際戦略
成績評価の方法・観点 毎回の講義で行う演習及び講義への積極参加で50%の評価を決定する。最終筆記試験にて残り50%分の評価を行う。成績は上記2つの合計点による絶対評価である。
履修要件 経営学の基礎をあらかじめ学んでいることが望ましい。
ぜひ履修しておくべきもの:経営学入門。
履修しておくことが望ましいもの:ミクロ経済学入門、経営組織1、2。
授業外学習(予習・復習)等 講義では、YouTubeチャンネル「中川先生のやさしいビジネス研究」ないしは教科書『経営戦略』の該当回を事前に学習しておくことが求められる。講義ではそれに基づいたワークショップが実施される。
https://www.youtube.com/channel/UCS89vRmX0PfWxmJWOjJq6ZA
教科書
  • 戦略経営, 井上達彦・中川功一・川瀨真紀, (中央経済社),